美しい町・上 空のあちら 障子




障子



お部屋の障子は、ビルディング。


しろいきれいな石づくり、

空まで届く十二階、

お部屋のかずは、四十八。


一つの部屋に蝿がいて、

あとのお部屋はみんな空。


四十七間の部屋部屋へ、

誰がはいってくるのやら。


ひとつひらいたあの窓を、

どんな子供がのぞくやら。


― 窓はいつだか、すねたとき、

指でわたしがあけた窓。


ひとり日永にながめてりゃ、
そこからみえる青空が、

ちらりと影になりました。




JULA出版局

金子みすゞ 童謡全集
より
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ソープ池袋 熟女 のぞみ

Author:ソープ池袋 熟女 のぞみ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR